アルミニウム表面処理の上毛電化

アルマイト

アルマイトとは
アルミニウムの陽極酸化法による表面処理のことです。
アルミニウムは、自然に放置された状態でも表面に薄い酸化皮膜を生成するので、鉄と比べると腐食には強いのですが、傷つきやすく、また環境の変化にも弱い金属です。
このアルミニウムの耐食性や耐摩耗性の弱点を補強させること、また染色などにより意匠性を向上させることを目的とした表面処理が「アルミニウムの陽極酸化(アルマイト)」です。
硫酸・蓚酸等を電解液として電気分解し、アルミニウムの表面にAl2O3の皮膜を短時間で生成させます。また生成した皮膜の表面に無機、有機の染料を吸着すれば無限の色調を表現する事が可能となります。

メッキとアルマイトの違い
通常、電気メッキは金属を陰極で電解し、電解液中の金属イオンを還元析出させ表面を処理しますが、アルミニウムの場合他の金属と違い一定の条件のもと陽極で電解すると、表面に特異な形状をした厚い酸化皮膜を生成するのです。
この「陽極で酸化させる」ということが金属メッキとの基本的な違いと言えます。
アルマイト処理
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■耐食性の向上  ■耐磨耗性の向上  ■硬度の向上  ■さまざまな色に染色可能
染色アルマイト皮膜を黒、赤、青等さまざまな色に染色する処理です。
色見本をご提示いただければご希望の色に染色いたします。
装飾用アルマイトアルミニウムに光沢・艶消し・ブラスト・ヘアーラインなどの機械的・化学的前処理を施し、意匠性を向上させる処理です。
一般アルマイト一般的な処理です。皮膜の膜厚は6〜15μm程度です。
2500x1400x200mmまで処理可能です。
棒状であれば長さ2800mmまで可能です。
硬質アルマイト

一般アルマイトに比べ皮膜の硬度を高める処理です。
皮膜の厚さは20〜50μm程度になります。

 

アルマイト・アルミ化成処理・鉄黒染め・ショットブラスト・バフ研磨・バレル研磨に関する
お問い合わせは0274-24-3228までお気軽にどうぞ!(担当:高山・斉藤)

・短納期を得意としております。(受注後即日〜数日で引渡し可能)
・小ロットから量産まで対応しています。(月産1個から50万個まで受注可能)
・遠方のお客様には宅急便等にて対応いたします。
・試作対応を得意としております。(製品の色合わせなどサンプルを作成して対応致します。)
・ご要望があれば材料の調達・加工・表面処理・組立・検査・梱包・保管・代理出荷などにも対応致します。



△大型アルマイト槽/アルマイトラインと加工製品

◆生産工程で見る染色アルマイト
◆アルマイト処理各種の紹介
◆大型アルマイト槽など、設備の一覧 など
詳しくはこちら

フリーページ(デフォルト)

会社概略

  • 会社名
  • 上毛電化 株式会社
  • 所在地
  • 〒375-0056
    群馬県藤岡市三ツ木336-6
  • 電話
  • 0274-24-3228
  • FAX
  • 0274-24-4841
  • e-Mail
  • joumou@vesta.ocn.ne.jp

新着情報

2011年6月

群馬県知事より「ぐんま新技術・新製品

開発推進補助金」の採択を受けました

 

2008年12月

群馬県知事より「1社1技術」の

認定を受けました

 


2008年9月
群馬労働局長より「職場意識改善計画」

の認定を受けました

 

2008年9月
群馬県知事より「群馬県環境GS事業者」

の認定を受けました

 

2008年7月
ISO9001認証取得しました

2008年1月
関連企業一覧ページを公開しました

2008年1月
硬質アルマイト処理見本を追加しました


2007年12月
製品サンプルを追加しました

携帯電話宛URL送信

このホームページは携帯電話でもご覧になれます。下記の空欄に携帯電話のメールアドレスを入力して、[送信]しますと、携帯にこのホームページURLが送られます。